History

1974年1月 加商株式会社、ソブエクレー株式会社、アメリカのCyprus Mines社の3社合弁会社として「日本ミストロン株式会社」を資本金3,600万円にて発足

鈴鹿工場設立

1975年1月 資本金を8,100万円に増資

1980年3月 苫小牧工場設立

1983年10月 資本金を26,100万円に増資

1992年10月 仏Luzenac社によるCyprus Mines社の買収

2000年4月 加商と豊田通商の合併により、豊田通商が株主となる

2001年9月 Luzenac社による Western Mining社の豪州スリースプリングスタルク鉱山の買収

2004年3月 創立30周年記念祝賀会開催

2005年3月 苫小牧工場設立25周年

2006年2月 Rio Tinto Minerals社がLuzenac、US Borax、Dampier Saltの経営を統合して筆頭株主となる

2011年8月 Rio Tinto Minerals社によるImerys社へのタルク事業の売却が完了し、Imerys社が筆頭株主となる

2013年5月 Imerys社が豊田通商ならびにソブエクレーより株式を取得し、Imerys社の100%子会社となる

2013年7月 タルク、カオリン、珪藻土の部門を統合し、マルチミネラル体制となる

2013年11月 創立40周年記念祝賀会開催

2014年3月 社名を「イメリス スペシャリティーズ ジャパン株式会社」に変更